本文へ移動
株式会社ヒューマンアシスト
〒470-2103
愛知県知多郡東浦町石浜字岐路
88番地の6
TEL:0562-85-2000
FAX:0562-85-2002
----------------------------------------
【認知症対応型通所介護・小規模多機能型居宅介護】
・「とんと」森岡
・「とんと」古譚
・「とんと」OHANA
・「とんと」沙羅居
 

「とんと」OHANA

通所介護(デイサービス)とは

通所介護は、ご利用者様が可能な限りご自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、ご自宅にこもりきりの孤立感の解消や心身機能の維持回復だけでなく、ご家族様による介護の負担軽減などを目的としています。当施設では、食事や入浴などの日常生活上の支援や、認知機能・生活機能向上のための機能訓練などを日帰りでご提供します。生活機能向上グループ活動などの高齢者同士の交流もあり、ご自宅から施設までの送迎も行います。

施設詳細

■施設外観
認知症対応型通所介護
 
●施設名称:「とんと」OHANA(オハナ)
TEL:052-253-5927
 


所在地:〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内3-9-13
           イーストサイド丸の内2F
TEL:052-253-5927 / FAX:052-253-5928
 
開設年月日:平成30年04月01日
事業者番号:2390600175(名古屋市指定)

管理者挨拶

管理者 伊藤 篤史(作業療法士・認知症ケア上級専門士
「作業活動や関わりを通じて、
      笑顔で地域社会とつながること」
 
 
私たちはこう考えます・・・・
 
ファミリーハウス「とんと」OHANAでは、当たり前にある何気ない普段の生活を気持ちよくできれば、幸せを感じることができると考えております。認知症になると様々なことがやりにくくなったり、生きづらさを感じてしまうことがあります。認知症になっても、残存する感情(喜怒哀楽),他者と交流し合うことで、自分と向き合い、自身のため,人の役に立てる「できる作業活動」を選択し、その活動を通じてひとりの生活者としての意識を高めていくことが生きがいになると考えております。その結果、認知症があることによる生きづらさを解消し、社会とつながることによって、生活の中に笑顔が増えるような支援を心掛けております。活動を行う際、お世話をするというよりも『一緒に楽しむ仲間』という気持ちを大切にしております。『一緒に楽しむ仲間』として日々の関わりの中、共に笑ったり泣いたりすることで、私たちもやりがいを感じることができ、そのことが生きがいになっております。
 
 
作業療法から認知症を考える
 
 作業療法目標:人格(意思)や尊厳を尊重し、心身に不便があっても生活に支障のない状態と生活を楽しむための支援を提供する。
 
 リハビリテーションの目標といえば、世間では下から上へといういわゆるプラスなイメージがあります。山登りは登るよりも下りの方が細心の注意を要します。登る時は必死で自分の人生を振り返る余裕もありませんが、下るときには自分の人生を振り返りながら、自分がどこにいるのか、行先はどこなのかを一緒に見つけ、今を楽しんでいけることが作業療法的リハビリテーションの目標であると私は考えます。このため、回想法(過去を振り返り、感じ取り、生きている実感をする)や現実見当識訓練、以前の生活体験を踏まえ、現在の生活に関連づけた作業を展開していきます。決められた集団プログラムに固執せず、ご利用者様自身とご家族様と当事業所でどのような活動が良いかを考えていきたいと思っております。ご利用時に画一的なプログラムのもとで過ごすのではなく、主体的に選択する活動をすることによりご利用者様・ご家族様の満足度を高めることができれば幸いです。
 
 
 笑いの処方箋~伊藤からの笑方箋~
 1分間の笑い 1日5回以上
 作   用  元気になれます
 副 作 用  急に笑うと周りの方がびっくりされます。
        笑いすぎてお腹が痛くなることがあります。
        慣れないと頬がいたくなることがあります。    
 
 
ファミリーハウス「とんと」OHANA
管理者 伊藤 篤史 

サービス条件・概要

対象者要支援1、2 または 要介護1~5であり、認知症の診断のある方
営業日・時間09:20~16:21(月曜日~金曜日)
休業日土曜日、日曜日、1月1日~3日
利用定員12名
ご持参品
お薬/連絡帳/着替え 等
※お薬が変わりましたら内容説明書(処方箋)もご持参ください。
ご相談窓口担当:イトウ/電話番号:052-253-5927
送迎サービスについて
入浴介助サービスについて
食事介助サービスについて
健康状態のチェックについて
相談援助について
1日のスケジュールについて
年間行事について

料金表(基本サービス料金:ご利用1回あたり)

要介護度 単位数
ご利用様負担額
(1割)
ご利用者様負担額
(2割)
ご利用者様負担額
(3割)
要支援1
859単位
930円
1,860円
2,790円
要支援2
959単位
1,038円
2,077円
3,115円
要介護1
992単位
1,074円
2,148円
3,223円
要介護2
1,100単位
1,191円
2,382円
3,573円
要介護3
1,208単位
1,308円
2,616円
3,924円
要介護4
1,316単位
1,425円
2,850円
4,275円
要介護5
1,424単位
1,542円
3,084円
4,626円
※送迎を行わない場合:片道あたり47単位基本サービス費から減算となります。
※保険外料金 食材費  550円/回
       おやつ  100円/回
       オムツ等 パンツタイプ150円/個・パット/100円(基本ご持参ください)
       レクリエーション費用 実費分(入場料等) 
 
 
その他加算される費用(介護保険給付対象 自己負担額1割/2割/3割)
  ● 介護職員処遇改善加算Ⅰ(1か月の総算定単位数の104/1000に相当する単位数)
                   ...... 算定単位数×10.83の1割もしくは2割 もしくは3割
 
 
特別な場合に加算される費用(介護保険給付対象 自己負担額1割/2割/3割)
  • 入浴介助加算I(40単位).......... 43円/86円/129円/回
  • 入浴介助加算Ⅱ(55単位).......... 59円/119円/178円/回
  • 若年性認知症利用者受入加算(60単位)........ 64円/129円/194円/回
  • 個別機能訓練加算(27単位) ........29円/58円/87円/回
 
※1単位=10.83円の計算となり、ご利用者様の負担額はその1割もしくは2割または3割となっております。
  ご利用者様負担額は小数点以下省略しており、以上の限りではなく多少の金額増加があり場合もござ  
  います。

資料ダウンロード

パンフレット1

(2018-07-09 ・ 759KB)

パンフレット2

(2018-07-09 ・ 225KB)

重要事項説明書

重要事項説明書

(2021-09-14 ・ 317KB)

TOPへ戻る